1からわかるプチ留学情報サイト プチ留学のススメ旅行感覚で気軽に行ける!海外へ興味のある全ての方へのご提案!
徹底比較 海外旅行VSプチ留学 詳しくはclick
留学を考えたらまずはプチ留学 ロングステイ検討前に!お試し留学決める前に! 詳しくはclick
プチ留学って英語習得の近道!? 体験するからヤル気が出る!語学研修を短期間で受ける! 詳しくはclick
CONTENTS
プチ留学取扱エージェント集
プチ留学って何?
体験ジャーナル
プチ留学のススメについて
プチ留学Q&A
リンク集
留学を考えたらまずはプチ留学
こんな人が失敗する!留学裏情報
こんな人が失敗する!留学裏情報半年、1年、もしくはそれ以上の本格的な留学には、事前に準備しておくことがたくさんあります。まず入学先やコースの選定。場合によっては、一定以上の語学力を身につけ、先方に提出するための書類を手に入れる必要もあるでしょう。
いざ、留学先が決まったら、学費、滞在費をどうやって送金するかを決め、現地での住居を確保し、荷物を梱包して送るなどなど、出発までは息もつけないほどの忙しさです。
さらに学生さんなら休学の、社会人であれば退職の手続きはもちろん、一人暮らしの人は、住居を引き払う手続きや、実家への一時的な引っ越しなども必須……
長期に渡る本格的な留学には、事前に少なくとも2ヶ月や3ヶ月の準備期間が必要と言われるのは、このような事情によります。ところが、たいていの人が、一番大切な準備を忘れ、その結果、大失敗することもしばしば。その準備とは「留学先の下見」です。
何十万ものお金、見たこともないモノに払う?
何十万ものお金、見たこともないモノに払う?日本国内にも、週末になると出かけるお気に入りの街や、「今度引っ越すならここ」と思う街がある反面、「どうも好きになれない」「こんなところ、用事がある時でなければ絶対に来なかった」という土地もあるはず。それは外国も同様です。
自分の肌に合う土地柄かどうかは、実際に行ってみなければ分かりません。言葉も習慣も違う外国だからこそ、「ここで暮らしてみたい」と思える街探しが重要なのです。
一般論になりますが、たとえば、賑やかなところが大好きなタイプの人にとっては、オックスフォードのような静かな大学町への留学は、期間が長ければ長いほど苦痛になるでしょう。たとえその人が、クイーンズイングリッシュに憧れていても、もしかしたら、アメリカの方が性に合っているのかもしれません。
内気な性格だから、アメリカは向かない人もいるでしょう。また、内気だからこそ、アメリカに行くことで、それまでの殻が破れる人だっています。こればかりは相性の問題ですから、自分で一度、体験してみるのが確実です。
100円や500円程度の買い物なら、現物を見ずに購入することはあります。ですが1000円、5000円、1万円となったら、そうはいきません。留学はショッピングとは比較にならないくらい高額な「お買い物」。考えてみたら、中身も確かめずに出発するなんて、無謀ではないでしょうか?
ポイントは「居住者の視線」で確かめること
ポイントは「居住者の視線」で確かめること長期の留学は、帰国することが前提になっていても、その人の人生の中で「移住」にも等しい一大イベントです。日本国内で引っ越しをするときだって、候補地の下見は行いますよね。だったら、留学先の候補地を訪れて、そこが自分の性に合う街かどうか確かめることは、欠かせぬ作業と言えるはずです。
そしてある程度、「この国、この街に」というターゲットが絞れたら、旅行ではなくプチ留学で訪れるのがお勧め。観光客として表通りの有名スポットばかりを歩いている時と、短期でも実際に暮らしてみて、住人の目線で見たときとでは、印象は同じではないからです。
またプチ留学なら、ホストファミリーに現地の語学学校や専門学校、あるいは大学の情報を聞くこともできます。実際、ホストファミリーに評判の良い学校を紹介してもらい、その後の長期留学を成功させたという人も少なくありません。
留学という、一生のうちに何度もない大切なチャンスを十二分に活かすためには、入念な下準備がポイントです。可能であれば、留学したいと考えている学校で、短期コースを体験してみるのも、その後の留学をより実り多きものにしてくれるでしょう。
ページトップ
お問合せ Copyright 2005-2008 http://www.petit-ryugaku.com All right reserved.