1からわかるプチ留学情報サイト プチ留学のススメ旅行感覚で気軽に行ける!海外へ興味のある全ての方へのご提案!
徹底比較 海外旅行VSプチ留学 詳しくはclick
留学を考えたらまずはプチ留学 ロングステイ検討前に!お試し留学決める前に! 詳しくはclick
プチ留学って英語習得の近道!? 体験するからヤル気が出る!語学研修を短期間で受ける! 詳しくはclick
CONTENTS
プチ留学取扱エージェント集
プチ留学って何?
体験ジャーナル
プチ留学のススメについて
プチ留学Q&A
リンク集
プチ留学って英語習得の近道!?
英語学習は日本国内で十分なのか
英語を修得するのに、海外に出る必要は無い、という考え方があります。文法は日本語で学んだ方が、効率よく理解できるし、単語力をつけるのだって、わざわざ外国まで行く必要もないでしょう。最近は英語教材も充実していますし、英会話学校だって身近な存在です。実際、留学経験はもちろん、海外旅行の経験さえ無いのに、流暢な英語を操れる人も珍しくありません。
ですが、そういう人はほんの少数であることも確か。多くの人は可能な限り、英語圏に身を置いてみる方が飛躍的に語学力がアップします。その主な理由は二つ。「集中」と「モチベーション」です。
語学習得の秘訣は短期間の集中
語学習得の秘訣は短期間の集中 ずいぶん昔から、「日本人は中学から英語の勉強をしているのに、ぜんぜん使いこなせるようにならない」と批判されています。ですが、学校の英語でいったい、どれくらいナマの英語に触れているでしょうか?中学、もしくは小学校、幼稚園時代から英語に接していたとしても、大抵のケースは、週に数時間の学習。それも学校教育では、ほとんどが日本語での説明を聞く時間です。
そんな中で英語力を磨いている人は、テレビの英語番組を見たり、テープを聞いたりして、覚えておくべきフレーズを何度も口にして覚えるなど、英語に接する時間を増やす地道な努力をしているもの。語学の学習は長い間続けるよりも、短い時間でも良いから、集中を積み重ねることが大切なのです。
ですが普通の英語学習者は、外からの強制が無いと、なかなか自分を「英語三昧」な環境には置けません。だからこそ海外に出て、24時間が英語漬けな状態にしてしまえば良いのです。もちろん、観光用の限られたフレーズで十分に通じてしまう海外旅行よりも、留学がベストであることは言うまでもありません。
語学は上達したいけれど、休学や休職、時には退職といった「大きな決断をするのはちょっと…」と躊躇する人でも、短期のプチ留学だったら、十分に目的を果たすことができるでしょう。
語学習得の秘訣は短期間の集中
モチベーションを高める
 
それにしても、日本国内に居ながら、英語学習に集中力を持って取り組める人と、そうでない人がいるのは何故でしょう?これは語学的才能の有無と言うよりは、そのモチベーションの高さにあるようです。
学習に集中できる人は、たとえば、大好きなロックバンドがいたり、子供の頃からその国や土地に、深い興味を持っていたりと、英語を習得したいという、強い願望を持つだけの理由を持っている場合が多いのです。「歌詞をダイレクトに理解したい」とか、「その国に行って○○を見たい」という熱い思いがある方が、言語の習得も早いのは当然ですね。
では、現在はそれほどの目的意識は持っていないけれど、もっと英語ができるようになりたいと考えている人は、どうしたら良いでしょうか?一番の方法は英語圏に行ってみること。
日本人向けに、ゆっくりハッキリした英語が使われる、温室のような英会話学校とは異なり、情け容赦ないナマの英語が飛びかう現場に身を置けば、もしかしたら、理解できない部分の方が多いかもしれません。でもだからこそ、「エクスキューズミー」というたったひと言が通じただけでも、嬉しさはひとしお。
それは本物のコミュニケーション体験だからです。もっとたくさん喋りたい、もっとたくさん、聞き取れるようになりたい。
そんな意欲が沸々と湧いてくるはずです。
モチベーションを高める
モチベーションを高める また、その土地に友だちができれば、メールや手紙でやり取りするために、さらに語学力を磨こうという意欲も倍増するでしょう。もう一度、その土地を訪ねて、友だちと再会したいと願うようにもなるでしょう。
単なる旅行で、友だちを作ることは難しいですが、プチ留学なら、ホストファミリーや同じコースを取っていた仲間など、一度の滞在で「友だち」の輪が世界に広がることも夢ではありません。
ページトップ
お問合せ Copyright 2005-2008 http://www.petit-ryugaku.com All right reserved.