1からわかるプチ留学情報サイト プチ留学のススメ旅行感覚で気軽に行ける!海外へ興味のある全ての方へのご提案!
徹底比較 海外旅行VSプチ留学 詳しくはclick
留学を考えたらまずはプチ留学 ロングステイ検討前に!お試し留学決める前に! 詳しくはclick
プチ留学って英語習得の近道!? 体験するからヤル気が出る!語学研修を短期間で受ける! 詳しくはclick
CONTENTS
プチ留学取扱エージェント集
プチ留学って何?
体験ジャーナル
プチ留学のススメについて
プチ留学Q&A
リンク集
海外旅行VSプチ留学
1週間から1ヶ月程度の短期間で、興味のある分野の学習を行い、体験の幅を広げるのがプチ留学の醍醐味ですが、期間や出発の気軽さは海外旅行とほぼ同じ。スクールに通うなどの違いはあるけれど、普通の旅行とどのような違いがあるのでしょうか。このセクションでは、海外旅行と比較した、プチ留学のメリットをご紹介します。
ショッピング・観光VSプラスアルファ
海外旅行の目的は、ほとんどの場合、ショッピングと観光が中心。ですが「絶対にあそこを見る」「○○は必ず買う」などのハッキリした目的は、そう幾つもありません。時間にゆとりがあるため、かえってノンビリしすぎて、この二大目的さえも、十分には果たせなかったということが良くあります。
対するプチ留学では、語学研修、スポーツ体験など、旅の最大目的が一つ、どーんと決まっています。あれもこれもと手を出して、印象が散漫になりかねない一般的な海外旅行と比べ、目的意識が明確なだけに、帰国後も大きな達成感と共に、鮮明な思い出が残るでしょう。
また、スクールやコースの日程がきちんとフィックスされていますから、無駄な時間を過ごすことなく、充実感を得やすいという利点もあります。自由時間にはもちろん、ショッピングや観光が楽しめますが、メインのスケジュールが決まっているため、生活にメリハリが出て、効率よく目的を実現できるでしょう。
プチ留学は、海外旅行には無いプラスアルファの「体験」が得られるだけでなく、ショッピングや観光などの目的も、より効率良く果たすことができるのです。
ポイント
●ショッピング&観光プラスアルファが体験できる
●目的意識がハッキリしているため充実感が大きい
ホテルVSホームステイ
海外のツアー旅行は、ほとんどがホテルでの滞在。滞在先に戻ったら、自分一人、もしくは同行した友だちや家族と一緒。気のおけない環境ではありますが、ドアを閉めたら、国内旅行も海外旅行もほとんど変わりません。それに対してプチ留学の滞在形式は、ホームステイが主流。ステイ先のファミリーとの関わりの中で、貴重な異文化交流が体験できるでしょう。
もちろん、普通に旅行していても、その国の文化と出会い、さまざまなことを学ぶことができます。ですがほとんどの場合、それは有名な美術館や寺院のような公共の場所であったり、そうした施設の職員やお店の店員さんとの交流だったりと、いわば「よそ行きの顔」との接触。
日本の事情を思い浮かべても分かる通り、海外からの観光客が、その国の「日常の顔」を知るのは、決して簡単ではありません。
ですがたとえ短期でも、プチ留学だったら話は別。ホストファミリーとの交流の中で、その国の一般家庭での生活にとけ込むことができるのです。旅人ではなく、家族の一員として迎えられる。そんな経験は、海外旅行では決して味わうことのできない醍醐味ではないでしょうか。
ポイント
●現地でのより豊かな生活体験が得られる
●旅行者ではなく、居住者の気分が味わえる
観光英語VS生の英語
ホストファミリーとの交流で得られるものは、より深い異文化理解ばかりではありません。
語学学習という点でも、プチ留学は通常の海外旅行以上の効果をあげることが可能です。
海外で旅行すると言っても、最初から最後まで日本語だけで終わってしまう、ということも希ではありません。せいぜいショップの店員さんに「いくらですか?」と確認したり、「クレジットカードは使えますか?」と訊く程度の会話で済んでしまう場合がほとんど。また、返事のバリエーションもだいたい決まっているので、本当の「会話」とは言えません。
ですがホームステイしていれば、夕食後などのくつろぎのひとときに、その日にあった出来事を話したり、疑問に思ったことを質問したりと、より幅広い会話のチャンスが生まれます。語学はとにかく「使ってみる」のが上達の近道。たとえカタコトでも、コミュニケーションできた喜びは自信となって、今後の語学学習意欲をさらに高めてくれることでしょう。
また、英語の先生のお宅にステイしながら、英語を学習するタイプのプチ留学なら、生活の中で英語を使うチャンスにプラスして、自分の進度や目的に合った、ゆとりある学習も可能です。
ポイント
●会話の内容が豊かになり、話す機会も増える
●今後の語学学習のモチベーションがアップする
ページトップ
お問合せ Copyright 2005-2008 http://www.petit-ryugaku.com All right reserved.